【レビュー】学研プラス もののしくみ図鑑【感想】

【レビュー】学研プラス もののしくみ図鑑【感想】

 

学研の「もののしくみ図鑑」を買ってみた

学研のもののしくみ図鑑を買ってみました。

 

これ、凄く良い本です。

子供向けの本だと思ったら大間違いで、大人が読んでも楽しめます。

 

この図鑑ですが、単純にいってしまうと

「ものの構造がサラッと解説されている本」

ということになります。

凄く詳しく解説されているわけでなく、あくまでもサラリとした解説に留めてあります。

なので、難しくないです。

かるく読み進めることができます。

 

扱われている製品は、ボールや楽器などの身近な雑貨などから

船や電車、自動改札機などの構造物までさまざま。

それらの製品の構造が、めくって確認できるように作られています。

 

材質は厚めのボール紙。

なので、ある程度指先が発達してきた子供なら、折り曲げたりせずに自分でめくって楽しめるでしょう。

 

うちの息子はいま2歳1か月程度ですが、与えてみたところ、非常に喜んでながめています。

食事の前にももってきて読みたがり、困るくらいに。

やや折り曲げてしまった部分もありますが、破いたりせずに丁寧に読めています。

対象年齢は早ければ1歳半から大丈夫じゃないかと思われます。

 


もののしくみ図鑑 (めくって学べる)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です