【レビュー】三土たつお著 街角図鑑 街と境界編

【レビュー】三土たつお編 街角図鑑 街と境界編

 

三土たつお編 「街角図鑑 街と境界編」を読む


街角図鑑 街と境界編

街角図鑑の新刊が発売。

今回は「街と境界」がテーマ。

とりあえず、一巻目と同様に、テーマに縛られるようなことはなく、雑多にいろいろ集めた感が満載。

正直、テーマは後付けなんじゃないかという感じも。

 

また一巻目と同じく、各項目ごとに著者が異なるため、深み、構成に統一感はない。

ただそれが、またイイ感じ。

この雑多感が街歩き。

図鑑のページを開くごとに目につくものが変化していく。

本を読むというより、まるで街歩きをしているような感じがある。

 

タモリ倶楽部的な街歩きが好きな人におすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です