【レビュー】下村式「となえておぼえる漢字の本」を買ってみた

【レビュー】下村式「となえておぼえる漢字の本」を買ってみた

 

3歳手前で漢字を読み始めたので下村式「となえておぼえる漢字の本」を与えてみた

息子は2歳9か月になります。

最近、ひらがなカタカナだけでなく、漢字も読み始めました。

といっても、まだ大、中、小、上、下など初歩的なものが中心です。

あとは電とか。

電話、電気などに興味があるので、それで覚えたのだと思います。

 

というわけで、漢字に興味を持ち始めた息子に下村式の漢字の本を与えてみました。

まだ早いかな?と思いましたが、これが意外と好評です。

 

自分も小さな頃にお世話になった本です。


となえて おぼえる 漢字の本 小学1年生 改訂4版 (下村式シリーズ)

 

 

漢字の成り立ちから説明されていて、非常にわかりやすい。

この本よりもわかりやすい本はそうそうないんじゃないかと思います。

 

絵柄も非常にかわいらしく、嫌味がありません。

懐かしさを感じます。

 

息子に1~6年生の分をまとめて与えてみたところ、とりあえず1年生の分だけでなく、2、3年生くらいのものも読んでいます。

それ以上になると、やや抵抗感があるもよう。

部首を組み合わせる漢字が増えるからでしょうか。

 

とりあえず、興味を持っている間はこれをさせて、なくなったら他の物をさせて・・・みたいにやっています。

漢字は、早く読めた方が得・・・息子もそれに気づいているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です