【レビュー】学研プラス きかいのしくみ図鑑【感想】

【レビュー】学研プラス きかいのしくみ図鑑【感想】

 

学研プラス きかいのしくみ図鑑を買ってみた

学研の「きかいのしくみ図鑑」を買ってみました。

 

こちらの図鑑は、先日紹介した「もののしくみ図鑑」の兄弟図鑑になります。

 

「きかいのしくみ図鑑」も「もののしくみ図鑑」も

「めくって学べる」

が特徴になっています。

 

ページがすべて厚めのボール紙で作られていて、

ページの中の扉をめくると、構造が見えて、解説が書いてある・・・

そんな感じの仕組みになっています。

 

もののしくみ図鑑と違う所は、こちらの図鑑がどちらかというと機械寄りなこと。

といっても、完全に機械ばかりではなく、身の回りの物全般と言った方がいいかもしれない。

収録されているのは以下の通り

⇒時計、鍵、懐中電灯、鉛筆削り、ハーモニカ、ジャンプ傘、トイレ、洗面台、シャワーヘッド、洗濯機、冷蔵庫、エアコン、自動販売機、エスカレーター、エレベーター、ロケット、電車、航空機、潜水艇などなど

あとは、発電所の仕組みとか、送電システムなども軽く解説してあります。

 

全体的に、小学生向けの製品だと思いますが、うちの2歳の息子も非常に興味を示しています。

洗濯機のページを開いて、扉を一枚一枚ひろげて、そのあとに家の洗濯機のところに歩いていって、

「抱っこして中を見せろ!」

ってやるんですよ。

 

ちゃんと意味がわかるんですね。

意外と小さい子にも向いているかもしれません。


きかいのしくみ図鑑 (めくって学べる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です