2018年の宮崎県産ライチはうまかった件~2019年と写真比較

2018年の宮崎県産ライチはうまかった件

 

2018年と2019年の宮崎県産ライチの違い

このあいだ書いた記事で、2019年の宮崎県のライチはおいしくなかった、と書きました。

前年の2018年のものと色がどうも違う。

おかしいなぁと嫌な予感がしていました。

 

今回は2018年に買ったライチを載せます。

こちらです。

 

2018年

2019年

 

皮がついた状態だと違いはわかりません。

 

でも、皮をむくと全く違いました。

 

2018年

2019年

 

 

どうですか?

上の、2018年のものは透き通るように美しいです。

それに対して下のは濁っている。。。

 

農園は同じところです。

買った時期も同じ。

品質がこんなにも違うんです。

 

果物というのは、そのくらいデリケートなんですね。

 

最高の味を知ってしまうと、それ以外の味は受け付けなくなります。

おいしいと話題のカウンターデセールの店にいっても、だいたいどこも大した果物を利用していません。

それに気づいてしまって、都内の有名店巡りはやめました。

フルーツは、現地に行って自分の目で直接買うのが一番ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です