「妊娠中」にコロナウイルス感染(新型肺炎)になったら赤ちゃんに影響はある?

「妊娠中」にコロナウイルス感染(新型肺炎)になったら赤ちゃんに影響はある?

 

妊娠中にコロナウイルスにかかったら?

中国の武漢で拡大が始まった新型肺炎が世界に広がりはじめています。

この記事を書いている時点で、中国だけでも患者数は1万人に届きそうな情勢です。

死者は200人をこえてきています。

致命率は2%程度でしょうか。

一般的なインフルエンザの致命率は0.001%

老人であっても0.03%程度と言われています。

それから考えると、新型肺炎の恐ろしさがわかると思います。

 

さらには、妊娠中には使える薬が限られます。

熱があがっても熱さましをあまり使えません。

妊婦さんは基本的に流行風邪に弱いんです。

だから、今までも妊婦さんはこうした流行風邪によって重症化したり、死ぬ可能性が一般の人達よりも高かったと言われています。

非常に困ったものです。

奥さんが妊娠中の方は、なるべく感染しないように人混みを避けたほうがいいです。。。

 

 

妊娠中にコロナウイルスに感染したら胎児(赤ちゃん)への影響は?

今回の新型肺炎の原因であるコロナウイルス。

今までの報告をざっくりとみるかぎりでは、

胎児、赤ちゃんへの影響があるという情報は見当たりませんでした。

もしかしたら何か悪影響があるかもしれませんが、

「中東呼吸器症候群(MERS)のときに妊婦さんが感染したあと、無事に出産した」

という例があったそうです。

妊娠周期どの程度で感染したのかはわかりませんので確かなことは言えませんが、ジカ熱や風疹などよりは気にしなくてもいいかもしれません。

(ジカ熱や風疹は奇形の可能性があります。)

ただ、どんなウイルスであれ細菌であれ化学物質であれ、胎児に影響がまったくないものなんてありません。

胎児には何かしら影響があるけれど、「無視できる」というだけの話です。

目に見えるような奇形などが発生していなかったとしても、なにかしらの影響はあるんです。

 

もしかしたらポジティブな影響かもしれません。

ウイルスに感染したから頭がよくなった、みたいなこともあるかもしれません。

そもそも人類にしても動物にしてもすべての生物は、ウイルスを取り込みながら進化してきました。(と、高校生物で習ったと思います。)

だから、そういう意味で考えればウイルス感染はある意味で普通のこととも言えます。

 

ただまぁ、それはあくまでも地球の歴史という観点から見た場合の話。

基本的には変な病気にはかからない方が都合が良いと思います。

なるべく人混みを避け、うがい手洗いを励行するしかないでしょう。

 

うちも2人目が欲しいなぁと思っていたタイミングなんで、いろいろ不安です。

まったく困ったもんです。。。

オリンピックなんてやめたらいいのになぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です