【レビュー】デュプロ(Duplo) キミが車掌さん! おしてGO機関車デラックスを使用してみて【感想】

【レビュー】デュプロ(Duplo) キミが車掌さん! おしてGO機関車デラックスを使用してみて【感想】

 

 

デュプロ(Duplo)の電車シリーズ 「キミが車掌さん! おしてGO機関車デラックス」についてレビュー

 

デュプロの電車シリーズ「キミが車掌さん! おしてGO機関車デラックス」を2歳の子供のために買ってみました。

単四電池4本でモーターをまわして動く電車です。

タブレットなどから操作することもできます。

そのレビューをさらっと書いてみます。

 

この「キミが車掌さん! おしてGO機関車デラックス」ですが、デュプロの電車セットの中ではもっとも安いものとなっています。

だいたいAmazonで6500円くらいで売っています。

ほかの電車シリーズと異なり

・他のブロックが少なめ

・フィギュアなども少なめ

・レールも少なめ

となっていて、あくまでも機関車がメインの構成となっています。

 

 

デュプロ(Duplo)の電車シリーズ の拡張レールセット

この商品はあくまでも電車メインの構成になっています。

ですので、もしこの商品を買うようであれば、別途レールセットなどを買い求めた方が楽しめるでしょう。

レールや分岐、立体交差セットなどはだいたい2000~4000円程度となっています。


レゴ(LEGO)デュプロ あそびが広がる! 踏切レールセット 10882


レゴ(LEGO) デュプロ あそびが広がる! 鉄道橋とレールセット 10872 知育玩具 ブロック おもちゃ 男の子 電車

各1箱ずつ買うって部屋にレールを引くと、

8畳のリビングルーム全体を使うくらいの広さの線路が出来上がります。

どちらか一つでも十分だと思いますが、その場合は

「踏切レールセット」の方がいいでしょう。

レールの数が多いので。

 

「キミが車掌さん! おしてGO機関車デラックス」の中身をみてみる

とりあえず、「キミが車掌さん! おしてGO機関車デラックス」の中身はこんな感じです。

正直、これだけだとレールは足りません。

子供が楽しいと感じるためには、本数がもう少し追加で必要です。

また、ブロックの数も少なすぎるので、別途他のパッケージでブロックを追加した方が楽しめると思います。

 

なお、右端の青、緑、赤、黄色のプレートですが、これをレール上においておくと、電車が感知して音を鳴らしたりストップしたりします。

 

デュプロ「キミが車掌さん! おしてGO機関車デラックス」の電車はモーターで動く!

この「キミが車掌さん! おしてGO機関車デラックス」ですが、最初に書いたように単四電池4本でモーターを回し、自動で動いてくれます。

ちょっと後ろから押してやると、自動でガーッと進む感じです。

うちの2歳の息子も非常に気に入ってくれて、動いているのをジーっとみてい・・・

・・・るならばいいのですが、息子は電車自体よりも、構造が気になるらしく、ひたすら押したり引いたりガシガシ弄ってます。

壊れそうで怖いです。

うちの子にはまだ早いのかもしれません。

あと半年くらいしたら大丈夫かも。

 


レゴ(LEGO)デュプロ キミが車掌さん! おしてGO機関車デラックス 10874

 

 

とりあえず、悪い製品じゃないです。

5歳くらいまでは楽しめるかな?という感じ。

それ以上はレゴの鉄道セットの方がいいんじゃないかと思います。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です