Shin-Shin博多デイトス店で豚骨ラーメンを食す★★

Shin-Shin博多デイトス店で豚骨ラーメンを食す

 

Shin-Shinの豚骨ラーメンは塩味キツかった

先日の九州取材旅行

博多駅経由で東京に帰ることになったので

駅をいったん出て何か食べようってことになりまして。

で、定番のごとく、ラーメンを食いました。

 

以前に一幸舎などには行ったことがありましたので、今回は他の有名店ってことでShin-Shinへ。

博多KITTEのなかにあります。

便利ですね。

 

ついたのは平日13時過ぎ

先客は3名ほど

回転率がいいためすぐに着席できました。

 

注文してから4分ほど

着丼です。

 

器の藍色がなかなか洒落てますね。

 

スープを啜ります…

 

塩辛い…

 

豚骨の甘さは感じません。

びしっと塩を感じます。

これは食べすすめていくと特に感じます。

 

チャーシューは成形でしょうか?

ロールされた感じで味も食感も大量生産感があります。

 

替え玉も一回注文しました。

かためで。

1分もせずに皿がやってきます。

 

・・・替え玉いれてもまだ塩辛い。

とにかく塩味を強く感じます。

 

座ったのはカウンター

トッピングは座った席の手元にありませんでしたが、これがShin-Shin流なんでしょうか。

まぁ、手元に高菜とかあったにしても、もとのスープが塩味強すぎて追加する気にはならなかったでしょうが・・・。

 

自分は、げんこつの豚骨ラーメンが好きです。

あそこの豚骨スープは、呑んだ時に甘さと優しさが口いっぱいに広がりました。

個人的にあの店が一番好きなので、どうにもこの塩味はきつい。

というわけで評価低めです。

塩味強いのが好きな人にはいいんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です